腎臓内科の医師募集・求人情報

  腎臓内科は、内科の中でも根強いニーズがあり、大病院の腎臓内科から人工透析クリニックまで、幅広い求人があります。

もっとも、透析以外の分野に特化してご勤務されたいのか、人工透析中心にご担当されたいか、それともその両方に携わっていかれたいのかにより、ご転職活動の方向性はかなり異なってきます。また、透析を中心にされた場合には当直なし、高額給与の案件が多いことも見逃せません。そこで、まずはご希望をエージェントに伝え、転職先候補を絞り込んでいくのも、効率の良い転職活動の方法と言えるでしょう。

なお、弊社では検索結果に出ない募集・求人案件も数多く取り扱っておりますので、気になる案件が見当たらない場合でも、お気軽にお問い合わせ下さい

北海道北海道

東北  | 青森    岩手    宮城    福島    秋田    山形

関東  | 東京    神奈川    千葉    埼玉    茨城    栃木    群馬

甲信越 | 山梨    長野    新潟

東海  | 愛知    静岡    岐阜    三重

北陸  | 富山    石川    福井

近畿  | 大阪    京都    兵庫    滋賀    奈良    和歌山

中国  | 岡山    広島    山口    島根    鳥取

四国  | 香川    徳島    愛媛    高知

九州沖縄 | 福岡    佐賀    長崎    大分    宮崎    熊本    鹿児島    沖縄

医師の転職サービスを試してみる(完全無料)



腎臓内科での転職に成功した医師の皆様の声をご紹介します!

 もっと歳を取ってしまう前に相談しておいて良かった。 
                               森 覚さん(仮名)・30代前半

 結果  大学病院 → 民間病院
 科目  腎臓内科 → 一般内科+腎臓内科
 職位  医師
 年収  1000万円 → 1400万円
 地域  東京都

  大学病院では職場に関する自分の希望など全く通らず(というより発言するだけ無駄という雰囲気だった)、また、学位を取ったら10年はお礼奉公して当然というカルチャーでしたが、そういう悪しき慣習に流されず、プロに相談してみて良かったと思います。自由や自己決定はとても大切。自分の一度しかない人生だから。



 プライベートを考慮してくれて、本当に助かりました。 
                               河合 真帆さん(仮名)・40代前半

 結果  民間病院 → 民間病院
 科目  腎臓内科 → 腎臓内科
 職位  医師
 年収  1100万円 → 1050万円
 地域  大阪府

  子供が中学受験を控えるようになり、ある程度一緒にいてやりたいと思い始めていた私は、勤務日数を減らし、当直もしなくてよい職場への転職を希望し、ヒポクラさんに転職支援を依頼しました。病棟患者の担当を持つ以上はある程度当直を受け持つべきであることは当然承知していましたが、そこは家庭生活との折り合いも考えなくてはならず、かなり悩んでいたところ、ヒポクラさんがよく交渉してくださり、昼間のみの勤務ができるようになりました。お陰様で子供と過ごす時間も増え、子供も以前より少し落ち着きが出た様子です。このまま受験も成功してくれればよいのですが。ありがとうございました。



 費用なく、これほどよくして頂けるとは、驚きです。 
                               渡邊 大紀さん(仮名)・40代前半

 結果  大学病院 → 民間病院
 科目  腎臓内科 → 一般内科+腎臓内科専門外来
 職位  医長
 年収  1000万円 → 1600万円
 地域  三重県

  私は大学病院で腎臓内科医として働いていましたが、出世の見込みも薄くなり、また、大学の雑務に忙殺される今の状況に嫌気がさしたことも相まって、そろそろ医局を出て、安定した職場に移りたいと考えるようになりました。もちろん大学側には極秘であり、転職活動のために病院を休むのは大変困難でしたので、その事情をヒポクラ・エージェントの担当者さんにお話ししたところ、全く心配はいらないとのこと。本当かなぁと思っていたところ、約束の報告期日に3件の病院の提案を頂きました。いずれも、勤務内容面、賃金面で私の希望要件を満たすものであったので、とりあえず全ての病院と面談をしました。結果、3件ともから熱心なお誘いを頂くという光栄に預かり、今の勤務先に決めることになりました。私は、転職に関するコストを全く支払っていないのに、一から十までヒポクラさんにやって頂いた感じがし、なんだか申し訳ないくらいです。転職を考えている友人にも勧めたいと思います。ありがとうございました。



 腎臓内科には深く関わっていたい。でも、教授の指示にはもう従えない。そんなジレンマを解決してもらえました。 
                               臼井 敬吾さん(仮名)・30代後半

 結果  大学病院 → 公的病院
 科目  腎臓内科 → 腎臓内科
 職位  副部長
 年収  1100万円 → 1400万円
 地域  宮城県

   教授の指示に従ってあちらこちらの病院で勤務すること、はや10余年。どうにか専門医も学位も取り、独り立ちできるようになりましたが、昨年夏、またも翌年度から遠方での勤務をしないかと打診されました。もちろんお世話になったのである程度の奉公はやむを得ないと思っていますが、こうしょっちゅう住居が変わると、家族に申し訳なく、子供も転校続きでかわいそうだと思いました。そこで、一念発起し、医局をやめ、民間に転出しようと思い、ネットで見つけたヒポクラ・エージェントに転職支援の依頼をしたのでした。とはいえ、これまでずっと携わってきた腎臓内科のことを私は大変気に入っており、今から一般内科に移ることには抵抗がありました。市中病院で腎臓内科があるところは少ないと理解していましたが、やはり自分の意志は曲げたくありませんでした。ヒポクラさんにそのことを話すと、何とかするとのありがたいお言葉。頑張ってリサーチをして下さり、実際、有名な公的病院の仕事を紹介して下さいました。これで好きな仕事をしながら、腰を落ち着けて生活環境の構築ができると思うと、とても嬉しい気持ちです。感謝、感謝です。


医師の転職サービスを試してみる(完全無料)